ベネズエラ人フルート奏者、オマール・アコスタによるトーク&ミニライブを催します。スペイン在住のアコスタはプラシド・ドミンゴ、ヨーヨマほか数多の巨匠たちと共演し、クラシック、フラメンコ、ラテン音楽の境界を超えて国際的に活躍しています。

オマール・アコスタ デュオ トーク&ミニライブ ラテン・フルートの大洋(うなばら)

日時:2018年11月3日(土) 16:00開演 (15:30開場、 18:00終演)
場所:東京大学駒場Iキャンパス 18号館ホール (東急井の頭線駒場東大駅より徒歩5分)
料金:入場無料、資料代1000円
出演者:オマール・アコスタ(フルート)、セルヒオ・メネン(ギター)

・先着順自由席 定員200名 要事前申し込み
・申し込み方法:ご氏名をご記入の上、omaracosta.japan2018@gmail.com に、ご連絡ください。受付のお返事を差し上げます(本イベントページを「参加予定」にしていただくだけでは申し込み完了となりませんので、ご注意ください)。
・使用言語:スペイン語(日本語通訳あり)
・司会、通訳:石橋純(東京大学教養学部教授)
・主催:東京大学教養学部地域文化研究科ラテンアメリカコース
・協力:東京大学駒場友の会

連絡先: omaracosta.japan2018@gmail.com (担当者:韓)

出演者情報
オマール・アコスタ (フルート)
オマール・アコスタは、1964 年ベネズエラ生まれ。17 歳の若さでベネズエラ国立シモン・ボリバル 交響楽団の首席フルート奏者に就任。以来ベネズエラならびにラテンアメリカ各地の交響楽団で活躍する傍ら、ソロ奏者として数々のリサイタルを開く。1990 年代には「オマール・アコスタ・アンサンブル」を率いてベネズエラ伝統音楽を現代的な感覚で再構成する都市器楽アンサンブル運動 を主導。ラテンアメリカポピュラー音楽の世界に新風を吹き込む。
2000 年以降スペインに移住し、ソリストとして活動を継続。2012 年から 16 年にかけて、世界最高 峰のフラメンコバレエ団であるスペイン国立バレエ団の音楽監督に就任。多くの自作曲と編曲を 提供。同バレエ団とともに 2 度来日公演を果たしている。 これまで、フルート独奏者として、世界三大テノールとして知られるプラシド・ドミンゴや日本でもなじみの深い世界的チェロ奏者ヨー・ヨー・マのほかジャン=ピエール・ランパル、クラウディオ・アラウ、モンセラート・カバリエなどクラシック音楽界の名だたる巨匠とも共演を重ねている。
2017 年より、アルゼンチン人ギタリストであるセルヒオ・メネンならびにベネズエラ人パーカッショニ ストのカルロス・フランコとともに、新ユニット「オマール・アコスタ・トリオ」を結成。ラテンアメリカ各地 の音楽を新アレンジで全世界の聴衆に訴求するワールド・ミュージック・プロジェクトを始動している。

セルヒオ・メネン (ギター)
セルヒオ・メネンは、1975 年アルゼンチン生まれ。コルドバ音楽院(アルゼンチン)でギターを学 び、後に国立コルドバ大学で作曲を、米国カーネギー・メロン大学でチェロを習得。現在、スペインに在住し、スペイン国立バレエ団のチェロ奏者として活動するほか、伴奏とソロのギタリストとして ヨーロッパを拠点に活動中。2017 年より、オマール・アコスタ・トリオの一員としても活動している。

おもな演奏曲目

ナタリア(ワルツ/アントニオ・ラウロ)


娼家1900(タンゴ / アストル・ピアソラ)


リリー(メレンゲ/オマール・アコスタ)


ショレット(ショーロ/オマール・アコスタ )


パハリージョ(ホローポ/ベネズエラ伝統曲)

ラコンパルサ( ダンソン/ エルネスト・レクオーナ)
首の差で(タンゴ/カルロス・ガルデル)

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です