第4回定期演奏会『星と月の生まれた夜〜La noche de las estrellas〜』報告

2019年12月22日(日)、R’ sアートコート(労音大久保会館)にてエストゥディアンティーナ駒場(EK)の第4回定期演奏会『星と月の生まれた夜〜La noche de las estrellas〜』が催されました。

全体集合写真

毎年異なるタイトルを冠して、装い新たにベネズエラ音楽の魅力をお届けするEKの定期演奏会。今年は、さるベネズエラの絵本から『星と月の生まれた夜〜La noche de las estrellas〜』というタイトルを借り受けました。古い星たち——熟練の業で観客を魅了するベテラン世代——と、新しい星たち——楽団に参加して間もないフレッシュな新人世代——とが、互いにつながり、せめぎ合う。その緊張感が、見たことのない輝きを新大久保の地にもたらしました。

Polo de lo que quiero:近づく二人の距離はやがて・・・

  第1部の幕開けを飾ったのはアカペラアレンジをほどこした「In the morning(カーニバルの朝に)」。カリプソのパーカッシヴな勢いそのままに、「El venao(エル・ベナオ)」へと荒々しくなだれ込みます。ここでは、本場ララ州のスターバンドCarota Ñema y Taja(カロータ・ニェマ・イ・タハー)よりEKに贈られた五弦クアトロを初披露しました。

  さらに、燃え上がる恋情を男女のデュエットが歌う「Polo de lo que quiero(あなたがいたらしたいこと)」や、ベネズエラの年末には欠かせない祭宴音楽ガイタから「Aquel Zuliano(あのスリア詩人)」と「La cabra mocha(ラ・カブラ・モチャ)」を演奏しました。打面についた棒を掌で擦るというユニークな方法で音を出す摩擦太鼓フーロの、身体を突きあげるような低音が会場全体を揺らします。

Aquel Zuliano:スリア詩人を讃える

第2部は、ベネズエラ人パーカッション奏者ジャケリン・ラゴ直伝の「Quitiplás(キティプラス)」に始まり、定番曲「Moliendo café(コーヒー・ルンバ)」や「Caramba(カランバ)」を演奏しました。また「Carnaval(カルナバル)」では、ホローポの伝統に従い、歌手の出自について当て書きしたオリジナル歌詞を披露。続いて、EKで培ったラテンアメリカ音楽の学びをさらに深化し、独自の音楽活動を展開してきた5 añosとLos Laguitosの2バンドによるゲスト演奏が行われました。

Moliendo café:新人歌手でデュエット
Carnaval:歌とバンドーラが即興的に掛け合う

 コンサート終盤には伝統的なクリスマス音楽であるアギナルドを演奏し、祝宴ムードが最高潮に達したところで、ベネズエラのスーパー・バンド、グアコの「Cepillao(かき氷)」を披露しました。「Cepillao(かき氷)」は、2016年のグアコ来日に際してEKが直接指導を受けた、大変思い出深いナンバーです。今回は、グアコの現音楽監督フアン・カルロス・サラスがEKのために書き下ろしたスコアに基づいて演奏しました。かき氷売りの陽気なラッパと、軽快なサルサ・ステップに魅了され、今夜もまた多くのグアケーロが新たに誕生したことでしょう・・・Ψ

 

Cepillao:グアキッシモ!なパフォーマンス

 

 鳴り止まない拍手に応えて、アンコールではカリプソ・メドレーを披露。四人のカリプソニアンが観客をあおり、会場全体があたかもひとつの舞台になったような錯覚すら覚えるグルーヴに包まれて、第4回定期演奏会は無事閉幕しました。

Calipso medley:汗が弾ける正真正銘のフィナーレ

 本年のEKの活動を締めくくる定期演奏会は、数多くの方々にお力添えいただいたおかげで開催することができました。ゲスト奏者としてボランティアで演奏にご参加いただき本格的な打楽器奏法もレクチャーいただいたイサオ・カトウさん、同じくゲストバンドの5 añosとLos Laguitosの皆さま、演奏技術をご指導いただいたパーカッション奏者のジャケリン・ラゴさんとロベルト・コッシュさん、EKのためにスコアを書き下ろして下さったグアコのフアン・カルロス・サラスさん、シンコをお贈りいただいたCarota Ñema y Taja(カロータ・ニェマ・イ・タハー)の皆さま、会場の提供および当日業務にご協力いただいたR’ sアートコートのスタッフの皆さま、歌手の面々にスペイン語歌唱をご指導いただいた石橋純先生、そしてご来場いただいた観客の皆さま。心より御礼申し上げます。

 今年で11年目を数えるEKには、演奏技術のみならずベネズエラ流フィエスタの流儀が脈々と受け継がれてきました。これからもその精神と伝統を絶やすことなく、たゆまぬ進化を目指して、ベネズエラ音楽を奏で続けます。

 今後とも、EKをよろしくお願いいたします。

演出参考資料
Douglas Gutiérrez著、María Fernanda Oliver絵、『星と月の生まれた夜』(山本厚子 訳、河出書房新社、1994年)

キャスト/スタッフ
可児和希   プロデューサー、クアトロ、パーカッション
菊地原宏太  音楽監督、A&R、歌、パーカッション
佐土原周平  広報チーフ、歌、パーカッション
山本卓人   舞台監督
髙田あゆみ  ベース、パーカッション
藤井健太朗  演出、歌
金沢直晃   音響チーフ
渡邉美咲   演出補佐、ピアノ、パーカッション
内川友里   歌、パーカッション
鈴木亮    バイオリン、パーカッション
山口集    ベース、パーカッション
鬼木ななみ  広報、歌、サックス、パーカッション
近藤晏誉   広報、クアトロ、パーカッション
黒井康平   音響
森内万貴   音響、アルパ、パーカッション
中本憲利   チケット管理、歌、パーカッション
永田裕也   広報、クアトロ、パーカッション
牧野翔    パーカッション
韓 智仁    バンドーラ、マンドリン
工藤愛恵   歌、パーカッション
日山美沙   歌、フルート
河村佳萌   トロンボーン
濱 祐輝    照明スタッフ
平居香子   演出協力
村瀬正紘   受付スタッフ
辻 晶就    受付スタッフ
谷口大介   司会

ゲストアーティスト
豊田健(5años)    クアトロ、ギター
増田耕平(Los Laguitos) 歌手
Isao Cato   パーカッション

スペシャルサンクス
R’sアートコート(労音大久保会館)スタッフのみなさま
石橋純 顧問教員、歌唱指導
Jaqueline Rago quitiplás、Caramba演奏指導
Roberto Koch Gaita、Caramba演奏指導

曲目一覧

  1. In the morning カーニバルの朝に(Calipso)
  2. El venao エル・ベナオ(Golpe larense)
  3. Fiesta en Elorza エロルサの祭り(Pasaje llanero)
  4. Polo de lo que quiero あなたがいたらしたいこと(Polo)
  5. La bikina ラ・ビキーナ(Onda nueva)
  6. Aquel Zuliano あのスリア詩人(Gaita)
  7. La cabra mocha ラ・カブラ・モチャ(Gaita)
  8. Quitiplás キティプラス(Quitiplás)
  9. Moliendo café コーヒー・ルンバ(Orquídea)
  10. Caramba カランバ(Danza)
  11. Carnaval カルナバル(Joropo llanero)
  12. Admiracíon 憧れ(Joropo)
  13. Eres mi última 君こそ僕の最後の恋人(Bolero)
  14. La iguana ラ・イグアナ(Son jarocho)
  15. Cantemos, cantemos 歌おう、歌おう(Aguinaldo)
  16. Al Niño Jesús llanero 平原の御子イエスに(Aguinaldo)
  17. Cepillao かき氷(Guaco)

 

(文:中本憲利)

Share Button

2019新入り歓迎&強化夏合宿 

ベネズエラ音楽に浸かった3日間

9月4日から6日まで、千葉県鴨川市の天津神明宮にて合宿が行われ、今年度にゼミを修了した11期生4人を含む19人が参加しました。まだまだ残暑が続く中、山と海に挟まれた自然豊かな環境を満喫しつつベネズエラ音楽を存分に楽しみました。

合宿メンバーの集合写真

僕たち11期生は、ゼミで練習したホローポは勿論、新たにアギナルドやガイタといったクリスマスに演奏される曲にも挑戦しました。また、これらのジャンルで主に使用される、鼓面に垂直な棒を擦って低音を響かせるフーロ、側面を叩く音がリズムキープを担うタンボーラも含め多様なパーカッションも担当しました。11期生が慣れぬ演奏に戸惑う度に先輩方が的確なアドバイスをしてくださったので、着実に練習を重ねることができたと思います。アギナルドの5拍子など新たに体験するリズムに対してある時は当惑しながら、またある時は新鮮なグルーブ感を噛み締めながら、一丸となって発表会に向けて練習に精進しました。

僕はアギナルドでスズ、ガイタではフーロ、カリプソではブンバック、「Concierto en la llanura(平原のコンツェルト)」では最愛の楽器であるアルパ、「Quirpa(キルパ)」ではマラカスを担当しました。アルパは本来「Fiesta en Elorza(エロルサの祭り)」で弾く予定だったのですが、発表会の二日前に変更され、限られた時間の中で必死に練習しました。マラカスは先輩の私物を拝借して合宿前に家でも練習したのですが、歯切れの良い音を出すのが予想以上に難しかったです。

二つの太鼓の内、左がフーロで右がタンボーラ
ベネズエラ式ハープことアルパ

練習と発表会、そしてベネズエラ渡航歴のある先輩のホローポレクチャーを通して、多様な文化とリズムに裏打ちされたベネズエラ音楽の奥深さを肌で感じ、ベネズエラ音楽へのさらなる探究心を掻き立てられました。発表会は地元の方々20名ほどにご来場いただきました。演奏はまだまだ未熟なものでしたが、初めて耳にするベネズエラのリズムを存分に楽しんでいただけたと思います。発表会後の宴会では、クイズ大会と演奏会が合宿メンバーのみで行われました。クイズ大会はベネズエラ音楽や鴨川市の知識に関するもので、房総ソーダなど豪華景品を目指して白熱した戦いが繰り広げられました。演奏会では「Quirpa(キルパ)」などEKではお馴染みの曲の魂のこもった演奏が行われました。まだ話したことのない先輩方との交流を深めることができるとても貴重な機会になったと思います。
(文:森内万貴)

レク・南米式BBQ

EK夏合宿3日目は、宿坊から歩いて数分の砂浜へ行きレクを行いました。天気は快晴で絶好の海日和でした。バドミントンや野球をしたり、貝殻を集めたり、少し海に入ったりしてとても楽しい時間を過ごしました。

海を背景に集合写真

 

ビーチレクの後、宿坊のお庭で南米式バーベキューを行いました。新人である11期生にとっては初めて、あるいは2度目の南米式バーベキューでした。私は11期生で唯一バーベキュー調理班員でした。下準備は3日目の朝早くから野菜を切る人、レクから早めに抜けてサザエを買いに行く人、料理の下ごしらえと火起こしの準備をする人に分担して行いました。南米式バーベキューでは大きな塊の肉を焼き、火からおろして休ませるということを繰り返して焼き上げ、その後にスライスします。通常、2回焼き(焼き→休み→焼き)をしていたのですが、今回はより甘さを引き出すべく、3回焼き(つまり2回休ませる)をやってみたところ、肉の甘さが2回焼いたものよりはるかに強く、美味しくなりました。火加減や焼く時間、肉を休ませる時間と回数の違いにより肉の味が毎回変わるので、いかにして美味しく焼き上げるか考え試行錯誤するのはとても楽しかったです。

焼き上げられる塊の肉

さらに今回は海に近いので、新鮮で立派なサザエを食べることが出来ました。一旦サザエを茹で貝殻から身を引きずり出してから焼くことで、焼けてからすぐに身を取り出して食べることが出来ました。

網の上のサザエ

 

また、サングリアという飲み物を作って飲みました。サングリアは季節の果物を漬け込んだ夏の昼間に飲むドリンクです。大きなボトルからおたまですくって飲んでいたのですが、少なくなってくると漬け込んだ果物がおたまに入ってきて、それを食べながら飲むととても美味しかったです。

サングリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーベキューの片付けをした後に食べたスイカはひときわ美味しかったです。宴会中は調理担当以外の人たちによりずっと南米音楽が演奏されました。新人の11期生も演奏に加わり夏の日差しの下の演奏は、とても盛り上がりました。

最後になりますが、慌ただしい中でEKの合宿を受け入れてくださった岡野栄子さん、岡野大和さんをはじめ神明神社、宿お宮の皆様に感謝申し上げます。
また、先の台風・豪雨による災害を受けたみなさまに心よりお見舞い申し上げるとともに、地域の一刻も早い復興をお祈りいたします。

(文:黒井康平)

Share Button

熱帯詩宴 溢れだすラテン・グルーヴ

2019年8月3日(土)、東京大学駒場Iキャンパス18号館ホールにて、全学体験ゼミナール「ラテンアメリカ音楽演奏入門II」の第 11 回成果発表コンサート「熱帯詩宴―あふれ出 すラテン・グルーブ」が開催されました。前期課程所属の 1・2 年生を中心とするゼミ生に 加え、ゼミの OB・OG である EK のメンバーも演奏を披露しました。今年は本ゼミ史上初めて事前予約制というかたちをとりましたが、予定通り、14:30 に開場し、15:00 にはコ ンサートを始めることができました。

コンサート前の集合写真 いい笑顔です

序盤の4曲はゼミ生による演奏でした。最初の演目は日本でもよく知られた「Moliendo café コーヒールンバ」。私は歌手を務めさせて頂きました。最初は少なからず緊張がありましたが、皆の演奏を聴くと自然と緊張もほぐれ、楽しんで歌うことができました。後に、ベネズエラの国⺠音楽であるホローポを基調とする「Campesina 村娘」、「Mi llano es un paraiso 我が平原は楽園」、バルスの「Comolloraunaestrella 星の涙」が続きました。弦楽器クアトロの響きに、サックス、ホルン、アルパなどの音色が組み合わさり奥行きのある演奏になりました。

「Mi llano es un paraiso」より 気持ち良さそう

ゼミ生の次は EK の方々の演奏に入りました。「El besaor 唇泥棒」、「La potra zaina 栗毛 の雌馬」、「Atardecer たそがれ時」、「Caramba」、「El espanto お化け」などなど。表情豊かな音色、熟達した技術で会場を盛り上げていました。

「Caramba」より 哀愁がすごい

「El espanto」より 先生も先輩方も楽しそうです

再びゼミ生主体の大編成に戻り、賑やかな雰囲気の合唱曲を披露しました。陽気なメロディが印象的な「Amalia Rosa アマリア・ロサ」、カーニバルのリズムであるカリプソの「Guayanaes グアヤナ・エス」をお聴きいただきました。最後はアンコールに応えて「Alma llanera 平原の魂」。1時間半の演奏もあっと言う間に終了を迎え、暖かな拍手を浴びながらコンサートは幕を閉じました。
今回のコンサートでは定員の200名に迫る197 名のお客様にご来場いただきました。観客 の男女比は約 1 対 1、多くは 40 代以上の方でした。学外のお客様が多いように見受けられました。
このコンサートにおけるゼミ生の役割は演奏だけにとどまりません。制作、広報、編曲、 照明、スチル・ビデオ撮影、音響、A&R など、基本的にはゼミ生自ら担当してきました。 しかし、先生や EK の方々の協力なしにはコンサートの成功はあり得ませんでした。石橋先生、EKの先輩方、そしてコンサートに来てくださった観客の皆様、ほんとうにありがとうございました。

キャスト・スタッフ
可児和希 学生代表、クアトロ
佐土原周平 広報チーフ、歌
菊地原宏太 演出、舞台製作チーフ、歌、パーカッション
金沢直晃 音響チーフ、マンドリン、ベース、バンドーラ
陳 暁穎 A&Rチーフ、マラカス、キーボード、パーカッション
水野 大 制作、クアトロ、マラカス、パーカッション
中本憲利 制作、歌、クアトロ、マラカス
酒寄晴佳 制作、マンドリン、クアトロ、パーカッション
馬渡遥子 クアトロ、マラカス、パーカッション
宇川 晴 広報、歌、クアトロ
松本直樹 広報、クアトロ、ベース、パーカッション
近藤晏誉 広報、歌、クアトロ、パーカッション
鬼木ななみ 広報、グラフィックデザイン、サックス、クアトロ、歌
中川祥緒 舞台制作、歌、クアトロ、パーカッション
金井俊亮 舞台制作、クアトロ、パーカッション、ベース
徐 桓茵 舞台制作、クアトロ、パーカッション
安田歩夢 舞台制作、クアトロ、パーカッション、ベース
黒井康平 音響、クアトロ、パーカッション、バンドーラ
森内万貴 音響、クアトロ、アルパ、バンドーラ、パーカッション
新田一貴 音響、クアトロ、パーカッション
仲吉隆造 音響、クアトロ、パーカッション
宮 崇允 音響、トロンボーン、クアトロ、パーカッション
田中壮一郎 A&R、ホルン、クアトロ、パーカッション
辻 晶就 A&R、クアトロ、パーカッション
川上智大 A&R、ベース、クアトロ、パーカッション
鈴木 亮 TA、舞台監督、クアトロ
石橋 純 担当教員、歌
Isao Cato スペシャルゲスト、パーカッション
濱 祐輝 EK学生代表、クアトロ
高田あゆみ 受付、ベース
姫野ソフィア聖佳 音響、マラカス
陽 東旭 音響、アルパ
日山美沙 スチル、フルート
工藤愛恵 受付、歌
藤井健太朗 司会、歌
永田裕也 場内アナウンス
渡邉美咲 照明チーフ
劇団 Radish 照明

スペシャルサンクス
Isao Cato 協賛
荷方なつみ  協力
ラ米ゼミ後援会 協力
Los Laguitos ゼミゲスト演奏
今村夏海 ゼミゲスト演奏
倉田量介 パーカッション講習
吉澤陽子 アルパ講習
Karen Romero 協力
Carota,Ñema y Tajá ビデオメッセージ

Share Button