ラテンリズムのフロンティア ベネズエラの音楽と文化

 2017年9月2日、上智大学四谷キャンパスの10号館講堂にてレクチャーコンサートを行いました。本コンサートは、エストゥディアンティーナ駒場(以下EK)の主宰教員である石橋純が開講する集中講義『ラテンアメリカ 音楽と社会』の一環として一般公開イベントとして開催されました。今回は「ラテンリズムのフロンティア ベネズエラの音楽と文化」と題し、EKはゲストとして様々なジャンルのベネズエラ音楽を演奏しました。当日はあいにくの雨でしたが、学生からご年配の方まで幅広い世代から約120名の方々にご来場いただきました。

リャノの歌手としての誇りを歌い上げる Zumba que zumba

 まず始めに披露したのは、日本で最も有名であろうベネズエラ音楽「コーヒールンバ(Moliendo café)」です。曲の終盤のモントゥーノ部分では歌手が観客の皆さんに「夏の終わりのひとときの思い出をごいっしょに」と即興的に語りかけるスペイン語詞を披露しました。
 続いて、ベネズエラの代表的な音楽ジャンル「ホローポ(joropo)」から「エロルサの祭り(Fiesta en Elorza)」、「スンバ・ケ・スンバ(Zumba que zumba)」を演奏しました。この曲間には3拍子と2拍子が重なっているホローポのリズムを体感していただくホローポ・レクチャーと、ラテンメリカ音楽に特徴的なフリギア旋法とアンダルシア終止のデモ演奏も行われました。会場の皆さんもホローポ独特な「ノリ」を掴んで、手拍子をして楽しんでいるようでした。

ホローポのノリをレクチャー

 その後、ベネズエラ風ワルツの「アンデスの三日月(Media luna andina)」、珍しい5拍子が特徴的な「メレンゲ(merengue)」というジャンルから「北はキメラ(El norte es una quimera)」を演奏しました。私はメレンゲに初挑戦だったので、緊張しましたがなんとか最後まで演奏することができてよかったです。
 次に、16世紀にスペインで流行した曲と、それに由来していると言われるベネズエラ民謡を続けて演奏した「牛を見張れ~ポロ(Guardame las vacas ~ Polo)」を披露しました。この曲では主宰教員の石橋が歌手を務め、5世紀に渡るラテンアメリカが経験してきた歴史に思いを馳せながら歌い上げました。
 最後の曲として、カーニバルソング「カリプソ」から「グアヤナ・エス(Guayana es)」を演奏しました。演奏前に、会場のみなさんと一緒にコーラス練習をしたことで会場全体が盛り上がった演奏となりました。
 その後、アンコールをいただき大勢で大合唱をする「ゴルペ・ラレンセ」というジャンルから「アマリア・ロサ(Amalia Rosa)」を披露しました。曲の中盤では、会場にいらっしゃったベネズエラ人の女性が舞台上に上がって、私たちと一緒に熱唱してくださるなど、講堂全体が楽しげな雰囲気に包まれ、コンサートは終了しました。

 私はこのようなレクチャーコンサートに出演するのは初めてで緊張もありましたが、会場のみなさんの温かい雰囲気の中で楽しみながら演奏できたと思います。
 主催の労をおとりいただいた上智大学外国語学部イスパニア語学科の幡谷則子先生、コーディネーターの吉川恵美子先生、イスパニア語学科事務室の冨田様に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

上智大学の幡谷先生・吉川先生と

キャスト一覧
平澤 樹乃:アルパ ギター 
小川 雅貴:歌 パーカッション
韓 智仁:ベース
内川友里:歌
山本卓登:バイオリン クアトロ ブンバック ベース
永田裕也:マラカス パーカッション クアトロ
岡根朝樹:クアトロ バンドーラ ブンバック
立花 美幸:クアトロ マンドリン バンドーラ
石橋 純:講義 歌

(文:永田裕也)

Share Button

Un parrandón para Maurice

8月22日は蒸し暑い日になりそうだった。いつもの半袖シャツに手を伸ばしかけてから、ふと思い立ち、真っ白い長袖のシャツを手に取った。粋な男を送り出す宴には、それがよりふさわしいと思ったからだ。

————————————

ラ米ゼミの9回目となる成果発表コンサートが大成功に終わった翌々日、駐日ベネズエラ大使館文化担当官であり、ラ米ゼミ立ち上げ時からのコーチであるモリス・レイナに突然の帰任辞令が下った。あまりにも唐突なその知らせに、私たちは途方に暮れるほかなかった。

モリスは、日本におけるベネズエラ音楽の普及と発展に誰よりも尽くした男だ。石橋純が立ち上げたラ米ゼミにコーチとして9年間関わり、これまで送り出した修了生は200名近くに及ぶ。私は第一期生として教えを受けたが、それからずっと、彼は私にとって偉大なる師であり、粋な男であり、「しょうもない」オヤジであり、尊敬できる友人であった。

彼は一流の演奏家だった。独自のチューニングによるクアトロ独奏のパイオニアである父フレディ・レイナの流儀を引き継ぎ、ラ米ゼミやEKのコンサートの度にその演奏を聴かせてくれた。彼自身の演奏は高い技術に裏打ちされたものであったが、「音楽は技術ではなく、心で奏でるものだ」と語るその精神は、彼に教えを受けた者なら誰もが引き継いだことだろう。

第 9回成果コンでクアトロ独奏を披露するモリス(撮影:漢那朝子)
Continue reading

Share Button

2017年新入り歓迎&強化夏合宿

今年新たにEKの一員となった3人による、2017年新入り歓迎&強化夏合宿についてのレポートです。

充実の3日間

8月10日から12日まで、御岳山の山頂付近にある宿坊「山楽荘」にて合宿が行われ、今年度にゼミを修了した9期生7人を含む21人が参加しました。濃い霧が立ち込める中、ベネズエラ音楽にどっぷり浸かる非日常的な3日間を過ごしました。

私たち9期生は、ゼミで練習したホローポやカリプソに加えて、クリスマスの時期に演奏されるアギナルドやガイタに初挑戦しました。また、タンボーラ、フーロ、ブンバック、チャラスカ、マラカスなど、それぞれ自分がゼミで演奏しなかった打楽器に多くの9期生が取り組みました。自分がやってみたい楽器にどんどん挑戦でき、石橋先生や先輩方がそれをサポートしてくれるのがこの合宿の特徴の一つです。2日目夜の発表会に向けて密度の濃い練習を行い、新しい楽器の習得と、クアトロなど以前から練習していた楽器の上達を目指しました。

タンボーラを教わる9期生

Continue reading

Share Button

音のカリビアンクルーズ Recorriendo Venezuela

 2017年8月5日土曜日、東京大学駒場キャンパス18号館ホールにて、全学体験ゼミナール「ラテンアメリカ音楽演奏入門II」のゼミ生によるコンサート「音のカリビアンクルーズ Recorriendo Venezuela」が行なわれました。このコンサートは演奏から制作までゼミ生が作り上げてきた成果発表の場です。ベネズエラに寄港するカリブ周遊のクルーズシップに会場を見立て、定員200人を超える方々にセンセーショナルなバカンスのひとときをお楽しみいただきました。

キャスト/スタッフの集合写真。みなさん素敵な笑顔です!
Continue reading

Share Button

シマロンワークショップ報告

 2017年7月8日(土)、ワールドツアー中のコロンビア人グループ「シマロン Cimarrón」を招き、都内スタジオでワークショップを行いました。彼らが演奏するのは、ベネズエラとコロンビアに広がる平原地帯ジャノの代表的音楽である、ホローポです。私たちは伝統的なスタイルでホローポを演奏していますが、シマロンは、より現代的なアレンジで演奏します。
 課題曲として選んだのは彼らの代名詞「キタペサーレス Quitapesares」、私たちとの共通レパートリー「スンバ・ケ・スンバ Zumba que zumba」の2曲です。ここでは、伴奏陣の息をピッタリと合わせることの重要性という根幹にかかわる部分の教えを賜り、曲のイントロやアウトロなどの細かい部分の指導まで受けることができました。彼らのリーダーであるカルロス・ロハスが、曲を始める際の掛け声の心構えについて熱く語る姿は特に印象的でした。

シマロンのリーダー、カルロス・ロハス
Continue reading

Share Button