立教大学レクチャーコンサート報告

 2017年12月16日土曜日、立教大学池袋キャンパスにてレクチャーコンサート「ベネズエラのクリスマス音楽」を行いました。楽団の主宰教員・石橋純が立教大学で担当している「ラテンアメリカ論」の補講として開催されたもので、2017年最後のEK出演イベントでもありました。
 聴衆はラテンアメリカ講座の受講生20名余りで、はじめてベネズエラ音楽に触れる方から何回もEKの演奏を聴いている方までいらっしゃいました。

会場の外は素晴らしい日本のクリスマスでした。
Continue reading

Share Button

第2回定期演奏会 ¿Cómo Será? 報告

 2017年12月3日(日)、新大久保のR’sアートコートにて私たちエストゥディアンティーナ駒場(EK)の第二回定期演奏会が行われました。定期演奏会を行うのは昨年が初めてだったのですが、今年無事二回目を開催することができ、やっと「定期」演奏会になったと喜ばしく思っています。魅力たっぷりのベネスエラのクリスマス音楽を、会場いっぱいのお客さんたちと一緒に楽しんで演奏することができました。

Continue reading

Share Button

駒ヶ根ツアー Al pie de los Alpes

 Estudiantina Komabaは、長野県駒ヶ根市より招聘を受け、第24回みなこいワールドフェスタに出演しました。10月29日(日)の午前と午後にベネズエラ音楽のワークショップ、そのワークショップの間の時間にステージ演奏を行いました。

Continue reading

Share Button

鎌倉ワールドラジオ出演

 11月4日(土)に、鎌倉ワールドラジオの収録が鎌倉市内のスタジオであり、Estudiantina Komabaメンバーの3人が出演しました。鎌倉ワールドラジオは、古き良きサルサの名曲から現在良く知られているレゲトンまで、ラテンミュージックをご紹介しながら、ラテンアメリカと日本文化の交流の橋渡しを鎌倉で行われている、ネットラジオ番組です。

トークとワインが進む進む

Continue reading

Share Button

ゴルペ・ラレンセワークショップ報告

2017年10月21日(土)、ベネズエラの管弦楽運動であるエル・システマから生まれたヴォーカルユニットで、ベネズエラで最も音楽的な州と言われるララ州を拠点として活動中の「ララソモスLara Somos」のメンバーを迎え、東京芸術劇場練習室にてゴルペ・ラレンセのワークショップを行いました。ゴルペ・ラレンセはEKの重要なレパートリーの一角を占めながら、誰一人ララ州のネイティブから教習を受けたことのないジャンルでした。今回のワークショップではEKの既存レパートリーである「エル・べナオEl venao」と「ロス・グリフィニャフィトスLos grifiñafitos」の2曲の教習を受けました。

エル・べナオのパート練習

Continue reading

Share Button